寂鉄劇場入口

寂鉄"青ゐ" Aowi-Art.jp

寂鉄工房 青ゐ 鉄も人も錆びてゆく

 作 品 集    アクセス プロフィール  お知らせ 友 達

aowi-art

錆び朽ちた鉄の表面が好きで、歪んだ物が好きで、
錆を落として磨いて、切ったり貼ったり曲げたりして作品を作っています。
また、それらを他の素材(木材・竹・石など)と組み合わせて情感のある作品を
作っています。この情感を寂鉄と称しています。

 

 思いつくままにいろんなものを作っています。
自在鉤やら本立てやら、灯りやらブリキの額やら...
寂びた情景を切り抜き、手元に造形したいと考えています。
こんなもの作れないか?と声を掛けてください。喜んでお話を伺います。
☜ 左は私の工房名を新しい鉄板から切り抜き、かなり朽ちた鉄板に貼り付けたものです。表面の凹凸が重ねた歳月を現しております。

 
 

これが錆び朽ちて行く鉄です。皆さまの身近にも転がっていると思います。
普通は気付かず、あるいは気付いたとしてもゴミとしか思わないかも知れません。
一番右のものが新しい鉄棒です。
左へ行くほど錆びが進行しています。
ワタクシは多分、左から二つめくらいです。(笑)

 

蚊遣り(kayari)
錆び朽ちた鉄板を磨いて”蚊遣り”を作りました。
蚊取線香立てです。渦巻き線香を立てて入れます。
二枚の鉄板の間から煙が揺らぎ昇ります。土台は農家の方に
譲ってもらった古い鍬です。柄が取り付く穴に黒竹を差し入れています。
ここに赤い椿を一輪投げ入れれば完成です。
お買い上げ戴いた方は、蚊遣りとして使うのは勿体ないとのことでご自宅の床の間に飾っておられます。

 
 

 

 

 

左の衝立はお気に入りのひとつです。
床の間に投げ入れられた青木のうしろに静かに立っています。
かなり朽ちた鉄板です。磨きと錆止めを施して淡い光沢を醸しています。
厚さ5㎜ほどの鉄板を丸く螺旋状にしてその隙間を利用して立てています。
写真では少し写りが悪いのですが、畳に腰を下ろすと対峙する自分が朽ちた鉄に吸い込まれそうな空間ができ上がっていることに気付きます。



 
 

 * 蚊遣りと衝立はお客様のご好意により掲載させて頂いております。

クリックして下さい。↓↓↓↓↓  

工事中 工事中 工事中 工事中

 

枠の人

これは心の具現化作品です。
人は必ず何かの枠に入っています。会社組織、グループ団体、或いは家族。
もっとも強固な枠は自分であろうかと思います。
その枠から恐る恐る出て行こうとしている男のシルエットです。
頭を少し出して、左右を伺い、誰もいないことを確かめたのち、左足をそっと枠の外に出しました。

今後、”枠の人”としてシリーズ化して行きます。

クズ鉄屋で見付けたボロボロの鉄板の錆びを
落として落として落として、磨いて磨いて磨いて...
(苦労したことを表すためにリフレインしています。笑)
錆止めの鉛丹色で落書しています。
ジョアン・ミロを意識しました。大好きな画家のひとりです。
立て台も朽ちた鉄棒を加工しました。わざと見せています。
このホームページはまだ作成途中です。
記載できていない作品が多数あります。
お気軽にお問い合わせください。

作品集はこちらからも

      

   活動予定はこちら

 

こんなものを作れないか?
あんなものあればいいな...などのご要望にお応えします。
店舗作り等に是非協力させてください。 

ご連絡はこちらへ¬
cozy.noise@nifty.com
携帯 090-2282-2796

 

暇な方もどうぞ (。◕‿◕。)
お待ちしております。
近くに来られた際は、ぜひお立ち寄りください。
電車で来られた方にはお酒を少し...^^

--------------------------------------------------------------------sabitetsu 
寂鉄工房 青ゐ(Aowi-Art)
寂鉄アーティスト 河本ユクト
----------------------------------------------2015.2.5更新
                                                                                               2015.
2.7更新
                                                  2015.7.16一部のみ
 
inserted by FC2 system